東京で家族葬がじわじわ増えている理由

大切な近しい人が亡くなった時、遺された家族は故人が安らかに眠ることができるよう最も望ましいお葬式を執り行わねばなりません。お葬式というと白と黒の幕に多くの参列者を招き、必要に応じて宗教者によるお経、説法などを頂戴するなどの方式が知られていますが、その一方で東京エリアを中心として家族葬というあり方が広がりつつあります。この家族葬とは一般の参列者を招くことなく、ごく身近な家族だけで葬儀を執り行う様式のこと。もちろんその開催規模も小規模で、自宅で執り行う場合もあれば、葬儀場の最も小さな斎場にて執り行う場合もあります。宗教者を招く場合もあれば、遺族の判断によって招かないケースもあるなど、まさにそのあり方は人それぞれ。なぜこのような家族葬が東京エリアで支持を集め、拡がっているのでしょうか。

故人と遺族の最期の団欒のひと時を尊ぶという基本に立ち帰る

葬儀の際には喪主を始めとする遺族に大きな負担がのしかかってきます。それは金銭的な負担のみならず、精神的なストレスやプレッシャーなどでもあり、大切な方を亡くされて間もない内から方々に連絡をして訃報を知らせ式の準備に取り掛からねばなりません。これでは大切な方との最期のお別れをじっくりと噛み締めることなくあっという間に時間が過ぎ去ってしまうもの。家族葬ではこの点を大きく見直し、故人と遺族という最も大切な関係性を大事にして執り行われるもの。ごく親しい家族が集まり、故人との思い出を語らい、好きだった歌を歌い、最後の食事をみんなで行うなど家族団欒のひと時を過ごします。これならば遺族や喪主にしわ寄せが来ることなく、穏やかな中で温かい式を持つことができます。こう言ったまさに式の基本に立ち帰った内容が別れのひと時に最もふさわしいとして、先進的な考え方を持つ東京の人たちに多く支持されているのです。

風習や宗教に縛られず、会場や費用も小規模にて行うことができる

東京でこれらの家族葬が拡がっている理由には、地方のような伝統や風習、宗教に縛られていないからという点も挙げられます。葬儀はこうでなければならないという固定観念から解き放たれているのも一つにありますし、また地方出身者であれば地方のように近親者が数多くいることもないので、むしろ無理して関係者に声をかけるのではなく、ごく限られた人数にて故人を弔ってあげる様式を選択する人が多いのは当然と言えるでしょう。また、家族葬は会場の最小限に抑えることができるので、小規模の葬儀場や、あるいは自宅などを使って執り行うことも可能です。その分、会場代や祭壇、会葬御礼、宗教者への御礼などの費用に関しても小規模に抑えることも可能ですので、すべての面で高額になりがちな東京においても家族葬であれば心置きなく執り行えるのも広がりを見せるポイントと言えるでしょう。

葬儀を取り扱っている当社は年中無休の24時間体制で対応しているので、いつでも問い合わせが可能という当社の強みがあります。 規模や宗派などの要望に応じた多彩なコースの葬儀を取り扱っており、無料でのお見積りや資料請求も受け付けています。 サービス概要は葬儀で、一般葬や家族葬や社葬や合同葬や直葬などがあり、オリジナルデザイン生花祭壇や各種アレンジ装飾などの独自演出もあります。 東京で家族葬を行われる際は【富士典礼】へ