東京で家族葬をするために必要な費用

東京で家族葬を行う場合、通夜と告別式を行うプランであれば49万円くらいが相場です。通夜を行わない告別式だけのプランだと34万円、通夜も告別式もしない火葬だけ行うプランであれば19万円程度で行うことができます。東京でも、業者によって家族葬の費用は異なりますが、だいたいの相場を把握しておけば高すぎる業者に引っかかるリスクを減らすことができます。もっとも安いのは火葬だけを行う家族葬ですが、これは一般的には寂しすぎるということであまり選ばれていません。お金がなくて式に費用をかけられないというやむを得ない場合でだけ選ばれています。もっとも一般的なのは通夜と告別式を行う家族葬で、大勢の人を呼んで行う一般葬を家族などの身内だけで行うような内容になっています。

家族葬にかかる費用の内訳を確認

東京の家族葬にかかる費用の内訳は、仏式の場合は葬儀一般費用・お寺への支払い、飲食接待費の3つです。一般葬では葬儀一般費用と飲食接待費にお金がかかりますが、家族葬だと会場の規模が小さく、飲食接待費も内輪の分だけ用意すればいいので、かなり抑えることができます。会葬者が20名ほどで戒名なし、会場で家族葬を行う場合は、人数が多くなるので平均相場よりも高くなります。これだとお寺への支払いと飲食接待費がかかるので、90万円くらいになります。ただし、小規模すぎると香典が受け取れないので、かえって香典を受け取ることができる規模で葬儀をあげたほうが費用負担は少なくなることもあります。一般費用にはご遺体の搬送料やドライアイス代、火葬料や必要な物品まで様々なものが含まれます。

費用は無理のない範囲で決めるのがポイント

最後のセレモニーだからといって、予算以上の葬儀にしてしまうと後で生活に困ります。葬儀にはまとまったお金が必要なので、どこからお金を調達するか考えておきましょう。故人が生前に葬儀費用として貯蓄している場合は、そこから出すのが一般的です。家族葬であればそれで賄えることが多いですが、足りない場合は遺族が負担することが必要です。あまりにも予算から逸脱した式にしないように、葬儀社とよく相談しておきましょう。業者と確認する時には、必ず費用の内訳を教えてもらいましょう。口頭で伝えるのではなく、書面で伝え合うのがポイントです。後で言ったこと言わないことで揉めることも多いので、気をつけましょう。見積もり段階で物品やサービスにかかる費用をひとつずつ教えてもらい、検討することが大切です。