東京で家族葬をするメリットとデメリット

東京で家族葬をするメリットには、記憶に残る、スピーチが楽、黒字になりやすいなどがあります。故人の眠るようにして動かない姿は、いつまでも記憶に残り続けます。忘れたくないと考えた時は、故人の写真を頂いて大事に取っておくといいです。また、周囲の人々が皆顔見知りのため、告別式のスピーチで失敗しても大丈夫です。それに、東京は物価が高く給料も良いので、家族葬の費用よりも収入のほうが上回りやすいです。デメリットは他県から車で来た時は迷いやすい、火葬場が混雑することがあるなどです。東京は道が沢山あるため、他県から来る時はバスや電車、タクシーなどを活用したほうが楽です。また、人口が豊富な地域なので毎日葬儀が行われているため、火葬場が混雑しやすいです。ですが、長くても2時間以上待つことはないので大丈夫です。待ち時間の最中に、携帯電話を触っていたり、新聞を読んでいても文句を言う人はいないので安心していいです。

東京で家族葬をするメリットは3つある

東京で家族葬をすると記憶に残る、スピーチが楽、黒字になりやすいなどがメリットです。故人の眠るように目を閉じている姿はいつまでも記憶に残り続けるはずです。忘れたくないと考えた時は、儀式の最後に故人が生前元気に過ごしていた頃の写真を頂けるため、受取って部屋に飾るといいです。儀式に参列する人々は全て顔見知りなので、告別式のスピーチの際に失敗したとしても笑って許してもらえます。場合によっては、緊張のあまり声が出ない喪主の手助けをしてくれることがあります。その時は、儀式が終わった後に必ずお礼を言いましょう。東京は物価や給与が日本で最も高い地域なため、家族葬を行うと、費用よりも収入が上回り黒字になることがあります。黒字になった時は、お礼返しを奮発すると親族達に喜ばれます。

東京で家族葬をするデメリット2つ

東京で家族葬をするデメリットには、道が混雑していて迷いやすい、火葬場が混雑するなどが挙げられます。他県から親族の家族葬のため車で来た際は、沢山の住宅街と、周囲に広がる道路の数に驚くはずです。そして、自然と迷ってしまうというのはよくある話です。そのため、車を利用せずバスや電車、またはタクシーなどの交通機関を活用すれば最良の結果につながりやすいです。あるいは、車に最新のカーナビを設置したり、携帯電話のネットで地図を見るのも良い手法です。東京は人口が豊富なことから、毎日沢山の葬儀が行われているため、火葬場が混雑しやすいのは仕方ないと言えます。ただ、長くても2時間以上待つことはないので、心配しなくてもいいです。待ち時間が長いと感じた時は、携帯電話でネットを見たり、新聞や本を読んでいても注意する人はいないので大丈夫です。