東京で家族葬をする方法をわかりやすく説明します

家族が病院で亡くなったら死亡診断書を医師に書いてもらい、葬儀屋に連絡して業者を呼びます。業者に故人の湯かんを依頼して、終了したら霊柩車で家に運んでもらいます。死亡診断書は市役所に提出して、火葬許可証を出してもらいます。故人が家に到着したら親戚を呼び、業者と相談して家族葬をすると決定します。次の日は業者に遺体を霊柩車で葬儀会場へ運んで頂き、念仏をあげてもらいます。この晩はお通夜となりますが、希望者は葬儀会場内に泊まることが可能です。翌日の朝に遺体を東京の火葬場へと運び、火葬許可証を受付に渡して順番待ちとなります。火葬場でお焚き上げをして頂き、遺骨を骨壺に納めたら、再び葬儀会場に戻り、骨壺を儀式する部屋の中央に設置します。念仏を唱えてもらったら、家族葬は終了となり精進落としが開始します。家族葬の後に初七日法要を執り行う場合もあります。

家族が病院で亡くなったら死亡診断書を書いてもらい業者を呼ぶ

家族が東京の病院で亡くなったら、専属の医師に死亡診断書を書いてもらい、葬儀業者に連絡を入れます。家族に家に帰ってもらって、故人が生前使用していた部屋を綺麗にしてもらいます。業者に故人の湯かんを依頼して、終了したら故人を霊柩車で家まで送ってもらいます。家長か次期家長にあたる人物が死亡診断書を市役所に提出しに行きます。提出すると火葬許可証を受取れるので、大事にバッグなどに保管して家に持ち帰ります。家で家族が亡くなった時は、かかりつけの医者がいない際は、警察を呼ぶ必要があるので注意です。警察のほうも問題ないと判断してくれるので、指示に従って行動していれば大丈夫です。調べ終わったら警察官から死体検案書を頂けるので、それを持参して市役所にいけば火葬許可証をもらえます。

東京の業者と相談して家族葬をすると決める

霊柩車で送られてきた故人が生前使用していた部屋に運び、静かに北枕の状態で布団に入れます。次に親戚達と近所に住む人達に家族の訃報を知らせます。親戚達が訪れたら業者と相談をして、葬儀の儀式を家族葬にすると決定します。そして地域の人達にもそれを伝えると、家族葬には出席しないですが、線香だけでもと考える人達が次々にやってきます。地域の人達は、1回線香をあげればしばらくの間はこないため、家族葬に専念できます。次の日に遺体を葬儀会場へ霊柩車で運び、念仏をあげた後にお通夜を行います。希望者は葬儀会場に泊まることもできます。次の日の朝に東京の火葬場へと遺体を運び、お焚き上げをして頂いて遺骨を骨壺に納め、その骨壺を大事に持って葬儀会場へ再び戻ります。骨壺を儀式の中央に置き、念仏を唱えてもらったら家族葬は終了となり、精進落としが開始します。